本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

生態系に配慮したアプローチによるREDDプラスの実施

主催者

  • (国研)森林総合研究所
  • Center Forest Research Institute (CIFOR)

イベント概要

REDDプラスの実施は、生態系機能の保全・改善の促進によるステークホルダーの生計向上、持続可能な資源管理、健康等の便益に資する手段となりうる。このサイドイベントにおいては、生態系に配慮したアプローチをとることにより期待される効果に焦点を当て、いかに地域の複雑な環境に対応したよりよいREDDプラスや土地利用の計画をたてるかについて議論を深める。

登壇者

  • 本郷浩二 林野庁 次長
  • クリストファー・マルティウス 国際林業研究センター 気候変動・エネルギー及び低炭素開発チームリーダー
  • 中田 博 国際協力機構 国際協力専門員(森林・砂防工学)
  • トム・エヴァンス 野生動物保護協会 REDD+ ・森林保全プログラムリーダー
  • 矢崎 慎介 兼松株式会社 鉄鋼・素材・プラント統括室
  • リナ・スサンティ インドネシア北カリマンタン州産業・貿易・中小企業局/慶応義塾大学 技官/博士課程
  • 佐藤 保 森林総合研究所 森林植生領域長
  • 井上 泰子 森林総合研究所 REDD研究開発センター

2018.12.13のタイムテーブル

  • 国際協力の今と未来
  • 適応

SDGs時代における、適応への新たなアプローチ

公益財団法人地球環境戦略研究機関

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

地域から広げる「公正な移行」~「環境・経済・社会の統合的向上」のために~

日本労働組合総連合会(連合)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

生態系に配慮したアプローチによるREDDプラスの実施

(国研)森林総合研究所