本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 国際協力の今と未来
  • 適応

SDGs時代における、適応への新たなアプローチ

配布資料

主催者

  • 公益財団法人地球環境戦略研究機関

イベント概要

持続可能な開発のための2030アジェンダとその具体的な目標である17のSDGsは、様々な環境、社会、経済問題の密接不可分性に焦点を当て、SDGs間のシナジーを最大化し、トレードオフを克服することによって、適応を含む複数の課題に同時に対処する統合的取り組みを要請している。
本イベントでは、変革と持続可能な開発を実現するために、SDGsの統合的取り組みとパートナーシップの強化という理念に沿って、新たな統合的課題解決のアプローチを含め、求められる適応行動のあり方について議論する。地域間協力とパートナーシップは、現場における適応行動の実践を推進し、効果的な意思決定を促す科学と政策のインターフェイスを強化するうえで重要な手段となりうる。本イベントでは、次の設問に沿って議論する。(1)アジアの現場における適応行動と災害リスク管理の取り組みから学んだ重要な教訓は何か? (2)情報・知識に関するパートナーシップを強化し、統合的に適応と防災への意思決定と投資を促進するために、グローバルな枠組み、特にSDGsをどのように活用できるか? (3)適応において地域間協力はなぜ必要なのか?どのように気候変動の脅威に対処し、新たな取り組みを拡大できるのか?それはどのように統合的な形で地域のレジリエンスの構築に貢献できるのか?

登壇者

  • 武内和彦 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES) 理事長
  • 水野 理 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES) 研究統括ディレクター
  • サリム・ハク 国際気候変動開発センター センター長
  • フン・チャン 韓国環境研究所 韓国気候変動適応センター長
  • TBD アセアン事務局 TBD
  • サム・ティ カンボジア環境省 気候変動局長
  • TBD フィリピン気候変動委員会 TBD
  • アルニコ・パンダイ 国際総合山岳開発センター 地域プログラムマネージャー

2018.12.13のタイムテーブル

  • 国際協力の今と未来
  • 適応

SDGs時代における、適応への新たなアプローチ

公益財団法人地球環境戦略研究機関

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

地域から広げる「公正な移行」~「環境・経済・社会の統合的向上」のために~

日本労働組合総連合会(連合)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

生態系に配慮したアプローチによるREDDプラスの実施

(国研)森林総合研究所