本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

地域から広げる「公正な移行」~「環境・経済・社会の統合的向上」のために~

主催者

  • 日本労働組合総連合会(連合)

イベント概要

パリ協定の発効以降、各国における排出削減の取り組みが各方面で進められている。長期大幅排出削減をめざす一方で、それを実現するためには、大きなエネルギー変革、そして社会変革を必要とする。こうした変革を進めていく各国においては、その過程での社会・経済、そして雇用や地域経済に対する負のインパクトは必ず課題となるであろう。これを最小化するための「公正な移行」は、SDGsの各ゴールやII2ES(環境・経済・社会の統合的向上)の理念を実現する方策としては欠くことができない。今回のイベントでは、労働組合、国際機関、NGOから専門家による取り組み事例や課題の発表を通じて、地域レベルからの「公正な移行」の今後の実現に向けた各界の取り組みの方向性を探る。

登壇者

  • 南部美智代 日本労働組合総連合会 副事務局長
  • サマンサ・スミス 国際労働組合総連合・公正な移行センター 公正な移行センター所長
  • ムスタファ・カマル・ギュイェ 国際労働機関(ILO) 企業局グリーンジョブプログ ラムコーディネーター
  • 平田仁子 気候ネットワーク 理事
  • (日本の自治体政策研究者) (調整中)

2018.12.13のタイムテーブル

  • 国際協力の今と未来
  • 適応

SDGs時代における、適応への新たなアプローチ

公益財団法人地球環境戦略研究機関

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

地域から広げる「公正な移行」~「環境・経済・社会の統合的向上」のために~

日本労働組合総連合会(連合)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

生態系に配慮したアプローチによるREDDプラスの実施

(国研)森林総合研究所