2021.11.3 WED

13:00 - 14:30

2021.11.3

東南アジア諸国における脱炭素・強靭な社会実現にむけたパリ協定のもとの気候変動対策~ベトナム、タイ、インドネシアにおけるJICA協力からの教訓~

国際協力機構(JICA)、 一般社団海外環境協力センター(OECC)

セミナー概要

東南アジア諸国においては、パリ協定を踏まえ国内における気候変動対策の強化が一気に進行している。とりわけ、国が決定する約束(NDC)、2050年以降の脱炭素化を目指す長期成長戦略の策定、都市レベルでの気候変動対策等、様々な局面から取組が行われており、世界の成長センターともいえる東南アジアで、経済成長を持続させつつ、脱・低炭素で気候変動にレジリエントな社会が成立させられるか注目が集まっている。
(独)国際協力機構(JICA)は、東南アジアの主要国であるベトナム、タイ、インドネシア等で技術協力プロジェクトを通じて、これらの国が自律的に取り組む気候変動対策と持続可能な開発への取組を支援してきた。コロナ禍の影響が大きく出ているが、東南アジア諸国および都市においては、法律の導入、国家・セクター別の開発計画の更新、都市レベル気候変動計画の強化等を通じて脱炭素・気候変動に強靭な社会の構築に向けた重要な取り組みが進んでいる。このような東南アジア諸国における経験は、多くの国・都市や開発協力の関係者にとって有益な情報となる。
本イベントでは、ベトナム、タイ、インドネシアおよびバンコク都での気候変動対策支援を取り上げるとともに、東南アジアの状況を踏まえたグリーンリカバリーのあり方についても議論を行う。

登壇者

  • ・髙橋 一彰(温暖化対策統括本部企画調整部担当部長)
    ・加藤 真氏(海外環境協力センター)
    ▼オンライン参加者
    ・福田幸司氏(JICAベトナム国長期専門家)
    ・調整中(ベトナム天然資源環境省)
    ・Woranuch Suaykakaow氏(タイ・バンコク都環境局副局長)
    ・黒水公博氏(JICAタイ国長期専門家)
    ・市原 純氏(JICAインドネシア国長期専門家)
    ・調整中(インドネシア政府)
    ・川西正人氏(JICA国際協力専門員)

2021.11.3 WEDタイムテーブル

17:00 - 18:30

2021.11.3