2021.11.3 WED

10:30 - 12:00

2021.11.3

太平洋地域での気候変動に対する強靭性強化:人材育成から気候投資へ

太平洋気候変動センター

共催者

・一般社団海外環境協力センター(OECC)

セミナー概要

太平洋島嶼国にとって気候変動は最大の脅威である。IPCCの第6次評価報告書第I作業部会報告書は、気温の上昇をパリ協定の1.5度に抑えるために迅速な変化が必要であり、そのための時間はまだあることを示した。.同時に、もし世界がこの報告書の警鐘に耳を傾けなければ、最初に厳しい状況に直面するのは太平洋島嶼国であることも明らかになった。
太平洋島嶼国はパリ協定の実施にコミットしており、NDCの改定、NAPの策定と実施に取り組んでいる。様々な人材育成・技術・資金の支援プログラムを活用し、強靭で低炭素な開発の実現に向けて取り組みを強化している。
このサイドイベントでは、太平洋気候変動センターの人材育成プログラムの成果と、太平洋島嶼国がOECCやIGESによる支援プログラムも活用し人材育成から資金投資の増加へと取り組むなかで得られた教訓を紹介する。また、コロナ禍からの復興と並行して気候変動に対する強靭性も強化するため、新たなパートナーシップ、イノベティブなツールやアプローチについて議論する。
こちらから事前登録の上、ご参加いただけます
https://sprep.zoom.us/webinar/register/WN_kiBTDiu6QFyFn-b8MQbXBQ

登壇者

  • ・加藤真 OECC
    ▼オンライン参加者
    ・サモア政府代表(TBC)
    ・コシ・ラトゥ(SPREP)
    ・オファ・カイサミ(PCCC)
    ・クリス・テヴァ(ソロモン諸島政府)
    ・ヘレン・ウィルソン・トム(バヌアツ・エネルギー・ファンド)
    ・ピーター・キング(IGES)
    ・小河原ミゲル次郎(OECC)
    ・小川眞佐子(JICA)

2021.11.3 WEDタイムテーブル

17:00 - 18:30

2021.11.3