本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • ビジネス変革
  • 日本の目指す脱炭素社会

1.5℃の地球温暖化に整合する「システム・トランジション」は可能か?

配布資料

主催者

  • 公益財団法人地球環境戦略研究機関、ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所

イベント概要

 2018年10月、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第48回総会にて、「1.5℃の地球温暖化:気候変動の脅威への世界的な対応の強化、持続可能な開発及び貧困撲滅への努力の文脈における、工業化以前の水準から1.5℃の地球温暖化による影響及び関連する地球全体での温室効果ガス(GHG)排出経路に関するIPCC特別報告書」政策決定者向け要約が承認された。この政策担当者向け要約のC2では、高い確信度で「オーバーシュートしない、または限られたオーバーシュートを伴って地球温暖化を1.5℃に抑えるモデルの(排出)経路においては、エネルギー、土地、都市、インフラ(交通と建物を含む)、及び産業システムにおける、急速かつ広範囲に及ぶ移行が必要となるであろう」とされている。  このサイドイベントでは、1.5℃特別報告書についての基調講演と、様々な分野におけるトランジション研究や、トランジションに向けた取り組みの紹介を受けて、この「システム・トランジション」が可能かどうかを議論する。

登壇者

  • 甲斐沼 美紀子 公益財団法人 地球環境戦略研究機関 (IGES) 研究顧問
  • ジム・スキー 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第3作業部会 共同議長
  • ステファン・レヒテンベーマー ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所(WI) フューチャー・エネルギー・アンド・モビリティ・ストラクチャーズ ディレクター
  • 浜中 裕徳 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES) 特別研究顧問
  • ヤン・ブリアンド 持続可能開発・国際関係研究所(IDDRI) 大幅な炭素排出削減に向けた道筋プロジェクト(DDPP) 気候・エネルギー・交通政策リサーチフェロー
  • セルジオ・ラモッタ イタリア共和国経済振興省・新技術エネルギー環境局(ENEA)
  • ハンナ・フェケテ NewClimate Institute

2018.12.06のタイムテーブル

  • 技術革新

森林減少の緩和のための衛星技術

宇宙航空研究開発機構

  • ビジネス変革
  • 日本の目指す脱炭素社会

1.5℃の地球温暖化に整合する「システム・トランジション」は可能か?

公益財団法人地球環境戦略研究機関、ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

日本の目指す脱炭素でレジリエントな未来

環境省(MOEJ)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

二国間クレジット制度(JCM)の役割:持続可能な開発とNDCの達成に向けて

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)