2023.12.3 Sun.

14:45 - 16:00
パリ協定6条に基づくJCM実施の進捗と課題
主催者
環境省
共催者
海外環境協力センター(OECC)
セミナー概要

概要

日本と28のパートナー国との協力覚書に基づき実施されている二国間クレジット制度(JCM: Joint Crediting Mechanism)は2013年の開始以降、脱炭素技術の普及を推進しており、現在、JCMの事業採択件数は200件を超える。
本サイドイベントでは、日本がパリ協定第6条に基づいて実施しているJCMの最新動向を共有し、JCM実施促進にあたっての課題や協力事項について各国を交えたラウンドテーブルを通じて、議論を深めます。

プログラム

開会挨拶及びJCM・パリ協定6条に関する現状の紹介 -5分-

宇賀 まい子 環境省

アジアにおける脱炭素化の取組とJCM実施に関する報告 -5分-

(TBD) アジア開発銀行(ADB)

ラウンドテーブル・ディスカッション -50分-

  • 加藤 真 海外環境協力センター(OECC)
  • (TBD) タイ温室効果ガス管理機構(TGO)
  • (TBD) チリエネルギー省(MoE)
  • (TBD) シンガポール首相府国家気候変動事務局
  • (TBD) アジア開発銀行(ADB)
  • (TBD) 環境省

質疑応答 -10分-

(上記3と同様)

閉会挨拶 -5分-

竹本 和彦 海外環境協力センター(OECC)

登壇者

現地登壇者

  • 宇賀 まい子 / 環境省
  • (調整中) / アジア開発銀行(ADB)
  • 加藤真 / 海外環境協力センター(OECC)・理事/主席研究員
  • (調整中) / タイ温室効果ガス管理機構(TGO)
  • (調整中) / チリエネルギー省(MoE)
  • (調整中) / シンガポール首相府国家気候変動事務局
  • 竹本 和彦 / 海外環境協力センター(OECC)・理事長
関連リンク

その他のタイムテーブル

2023.12.3 Sun.

10:30 - 11:45

イノベーションによる脱炭素への挑戦:ICEFロードマップ発表イベント

主催者:国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
共催者:経済産業省
13:00 - 14:15

ネットゼロ社会に向けた削減貢献量の適切な評価

主催者:経済産業省
共催者:持続可能な開発のための経済人会議 (WBCSD)
16:30 - 17:45

PaSTI:アジアにおける民間企業の温室効果ガス排出削減の加速化 ~施設・企業レベルのGHG排出量のMRVシステムの開発と持続可能な/移行資金の動員の展望~

主催者:環境省
共催者:ASEAN事務局、OECC