2023.12.5 Tue.

14:45 - 16:00
持続可能な森林経営を通じた気候変動の緩和策及び適応策の促進
主催者
国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所
共催者
林野庁、国際熱帯木材機関(ITTO)、住友林業株式会社
セミナー概要

概要

森林は海洋を除く最大の温室効果ガス吸収源である。持続可能な森林経営、そしてそこから生産される木材を幅広い用途で賢く利用することは、代替効果や木造建築等における炭素貯蔵を通じて気候変動緩和に資するとともに、自然災害を軽減する適応策にもなりうる。また、我が国は戦後の荒廃した森林を世界有数の森林率にまで回復させるとともに、森林減少や違法伐採などに対する途上国の取組を継続的に支援している。今次セミナーでは行政、研究、民間、国際機関から登壇者を迎え、途上国における森林セクターの取組を通じた気候変動対策について議論する。

プログラム

開会 -5分-

発表1「カーボンニュートラル実現に貢献する持続可能な木材利用の推進」 -10分-

越前未帆 林野庁森林利用課 森林炭素取引活性化企画官

発表2「地球環境と食糧問題への真の解決策としての森づくり ~CO2、生物多様性から水循環まで~」 -10分-

加藤 剛 住友林業株式資源環境本部 理事・副本部長

発表3「気候変動緩和対策に資する持続可能な木材利用に向けたITTOの取組について」 -10分-

Ms. Sheam Satkuru 国際熱帯木材機関 事務局長

発表4「持続可能な森林経営による土砂災害の防災・減災戦略と途上国への展開」 -10分-

岡本 隆 森林総合研究所 治山研究室長

パネルディスカッション -25分-

平田 泰雅(モデレーター) 森林総合研究所 研究専門員

閉会 -5分-

登壇者

現地登壇者

  • 川島 裕 / 林野庁計画課 海外森林資源森林情報分析官
  • 越前 未帆 / 林野庁森林利用課 森林炭素取引活性化企画官
  • Ms. Sheam Satkuru / 国際熱帯木材機関 事務局長
  • Dr. Hwan-Ok Ma / 国際熱帯木材機関 森林経営部長代理
  • 岡本 隆 / 森林総合研究所 治山研究室長
  • 平田 泰雅 / 森林総合研究所 研究専門員
  • 加藤 剛 / 住友林業株式資源環境本部 理事・副本部長

その他のタイムテーブル

2023.12.5 Tue.

10:30 - 11:45

Tech for Transition

主催者:経済産業省
共催者:UAE政府(COP28議長)
13:00 - 14:15

1.5℃に向けてともにアクション: 日本社会が持続可能な脱炭素社会を実現するために

主催者:気候変動イニシアティブ (JCI)
16:30 - 17:45

高効率の冷凍冷蔵空調機器とフロンのライフサイクル管理による気候変動の緩和と適応

主催者:環境省、経済産業省
共催者:一般社団法人 海外環境協力センター