本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • ライフスタイル変革

脱炭素化時代の都市と地域:SDGsのローカライゼーションと都市と地域における環境・社会・経済のあり方-地域循環共生圏

イベント概要

2015年にパリ協定が締結されてから3年が経過し、世界各地において脱炭素化へ向けた取組が進められている。気候変動が及ぼす課題の最前線に立つ都市や地域は、新しい文明社会へと移行するために、経済と社会を抜本的に変える必要性を認識している。他方、持続可能な開発目標(SDGs)は世界的に認知されるに至り、地方レベルでの持続可能性の議論活性化に寄与している。SDGsの原則や目標・指標を用いることで、地方自治体は自らの地域の持続可能性をより長期的な視点で捉え直すことができる。すなわち、SDGsは都市や地域へ、環境、社会、経済をより包括的に捉えて政策を見直し向上させるきっかけを与えている。
これらの認識を踏まえ、都市や地域にとって、低炭素社会、資源循環、自然共生を統合的に捉えた政策を検討・実施することが、持続可能な社会の実現に向けてより一層重要な要素となりつつある。
本サイドイベントでは、都市や地域におけるSDGのローカライゼーションの過程において、低炭素社会、資源循環、自然共生を統合的に捉えた政策アプローチが重要であるという点を議論する。また、都市と地域における関連政策や活動を紹介するとともに、ネットワークを通じて経験を共有することの重要性を再確認する。

登壇者

  • 原田 義昭 日本国環境省 日本国環境大臣
  • スワヴォミル・マズーレク ポーランド環境省 ポーランド環境省次官
  • ジノ・ヴァン・ベギン イクレイ世界事務局 事務局長
  • 中島 恵理 長野県 副知事
  • 武内 和彦 公益財団法人 地球環境戦略研究機関 (IGES) 理事長
  • 坂本 健 板橋区 区長
  • 小林 一美 横浜市 副市長
  • Risto Veivo トゥルク市・フィンランド 開発マネージャー
  • Ashok Sridharan ボン市・ドイツ、イクレイ ボン市長、イクレイ会長
  • Shu Zhu (調整中) イクレイ東アジア事務局 事務局長

主催者

  • 日本国環境省
  • 一般社団法人イクレイ日本

2018.12.10のタイムテーブル

  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

持続可能な開発目標(SDGs)への地域的アプローチ:脱炭素社会に向かう新たな道筋

経済協力開発機構(OECD)/ 地球環境戦略機関(IGES)/ 国連グローバルコンパクト

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来

気候変動イニシアティブ: 脱炭素社会に向けた日本の非政府アクターの役割

気候変動イニシアティブ

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来

民間企業の途上国における国際貢献イノベーション

パナソニック株式会社

  • 日本の目指す脱炭素社会

大洋州地域におけるJICAの気候変動対策支援:教訓と今後の展開

国際協力機構(JICA)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

日中韓共同気候研究イニシャティブ:脱炭素化に向けて

地球環境戦略研究機関