本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

海洋と気候の連鎖 ―海洋・気候行動計画(ROCA)の主要課題に取り組む

主催者

  • 笹川平和財団海洋政策研究所、ユネスコ政府間海洋学委員会 他

イベント概要

海洋は、人為起源の温室効果ガスの吸収・固定に大きな働きをするとともに、海水温上昇や海面上昇、酸性化を通して気候変動による大きな影響を受けている。一方、2015年に採択されたパリ協定の着実な実施に向けて、海洋分野を含めて、各国NDCsの促進が求められている。
これら問題に対して、マラケシュ・パートナーシップに位置づけられる海洋・気候行動計画(ROCA)の主要課題をテーマに、“Oceans Action Day(GCA event)”の一環として、サイドイベント「THE OCEANS AND CLIMATE NEXUS」(主催:笹川平和財団海洋政策研究所ほか)を開催する。
本イベントでは、ユネスコ政府間海洋学委員会のVladimir Ryabinin事務局長や笹川平和財団海洋政策研究所の前川美湖主任研究員などを共同議長として、次の点に注目した議論を行う。「1.新しい海洋科学の知見をどのようにUNFCCCのプロセスに位置づけるか」、「2.海洋における適応策と環境移民問題」、「3.海洋分野に関わる各国NDCsの促進」。

登壇者

  • Vladimir Ryabinin ユネスコ政府間海洋学委員会(UNESCO-IOC)
  • 前川美湖 笹川平和財団海洋政策研究所
  • Espen Ronnenberg 太平洋地域環境計画事務局 (SPREP)
  • Julio Cordano チリ・外務省
  • Hans-Otto Pörtne アルフレッドウェゲナー極地海洋研究所 (AWI)
  • Laura Tuck 世界銀行
  • Georg Børsting ノルウェー・外務省
  • 角南篤 笹川平和財団海洋政策研究所

2018.12.08のタイムテーブル

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

海洋と気候の連鎖 ―海洋・気候行動計画(ROCA)の主要課題に取り組む

笹川平和財団海洋政策研究所、ユネスコ政府間海洋学委員会 他

  • 日本の目指す脱炭素社会
  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

気候変動と海洋 -アジア・太平洋域からの課題提起-

笹川平和財団