本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

ブルーカーボン-最新の科学知見と政策

主催者

  • 笹川平和財団海洋政策研究所、世界海洋フォーラム 他

イベント概要

海洋は、人為起源の温室効果ガスの吸収・固定に大きな働きをするとともに、海水温上昇や海面上昇、酸性化を通して気候変動による大きな影響を受けている。一方、2015年に採択されたパリ協定の着実な実施に向けて、海洋分野を含めて、各国NDCsの促進が求められている。
これら問題に対して、ブルーカーボンをテーマに、“Oceans Action Day(GCA event)”の一環として、サイドイベント「ブルーカーボン-最新の科学知見と政策」(主催:笹川平和財団海洋政策研究所ほか)を開催する。
「海洋で生息する生物によって吸収・固定される炭素」(UNEP、2009)と称されるブルーカーボンは、海洋からの緩和策として注目されている。本イベントでは、最新の著書 ”Blue Carbon Primer(2018)” や“Blue Carbon in Shallow Coastal Ecosystems(2018)”の執筆者を招いて、マングローブ林や海草・海藻によるブルーカーボンについて最新の科学成果や事例を示すとともに、今後のブルーカーボンの推進や政策実現に向けた議論を行う。

登壇者

  • 桑江朝比呂 港湾空港技術研究所
  • Emily Pidgeon コンサベーション・インターナショナル (CI)
  • Dorothée Herr 国際自然保護連合(IUCN)
  • Mat Vanderklift 豪州連邦科学産業研究機構
  • Vladimir Ryabinin ユネスコ政府間海洋学委員会(UNESCO-IOC)
  • 角南篤 笹川平和財団海洋政策研究所
  • 白山義久 海洋研究開発機構

2018.12.07のタイムテーブル

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

豊かな社会を目指すスマートで環境に優しい交通とは - 全ての人の生活の質の向上と地球環境維持を目指す低炭素化 -

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団

  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来
  • 適応

効果的な適応行動:ドナーによる民間セクターの関与促進のあり方

経済開発協力機構

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

脱炭素に向けた都市の挑戦:アジア都市における低炭素実行計画策定状況

国立環境研究所(NIES)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

ブルーカーボン-最新の科学知見と政策

笹川平和財団海洋政策研究所、世界海洋フォーラム 他

  • 技術革新

産業のクリーン転換

国際エネルギー機関(IEA)