本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来
  • 適応

効果的な適応行動:ドナーによる民間セクターの関与促進のあり方

配布資料

主催者

  • 経済開発協力機構
  • 国際協力機構

イベント概要

2015年のパリ協定の採択により、気候変動適応はグローバルアジェンダに一層明確に位置付けられた。グローバルな適応目標を達成するには、幅広いアクターによる政策、キャパシティ、資金調達の複雑なミックスが必要となる。その効果的な適応行動中で民間セクターは、財政的なレバレッジに加え、適応のための新しいソリューションを革新し生産する独特のキャパシティを有している。開発協力はそのような民間セクターによる適応への関与をどのように支援できるだろうか?適応における効果的な民間セクター関与(PSE)の障壁に対処するための優れた実践やアプローチ、ギャップについて、OECDの「適応と開発プログラム」他からのインプットを元に分析する。
JICAとOECDの共催によるこのイベントを通じ、開発途上国及び民間企業の関係者・政策決定者とともに、開発機関がどのように民間セクターの適応行動の促進に関わっていくことができるか、PSEのギャップ分析をする。観客の皆様とともに今後の国際協力分野におけるPSEの課題について議論を深めていくことを目的とする。

登壇者

  • 川西 正人 国際協力機構 国際協力専門員
  • Lindiwe Majele (tbc) Policy and Strategic Partnership, Alliance for a Green Revolution in Africa Vice President
  • Developing country Water Investment Finance Facility (tbc)
  • Ayaan Adam (tbc) GCF Private Sector Facility Director
  • Developing country partnerinstitution of the GIZ global programme “Risk assessment and management for adaptation to climate change (loss and damage)” (tbc)
  • AFD/IDFC(tbc)

2018.12.07のタイムテーブル

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

豊かな社会を目指すスマートで環境に優しい交通とは - 全ての人の生活の質の向上と地球環境維持を目指す低炭素化 -

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団

  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来
  • 適応

効果的な適応行動:ドナーによる民間セクターの関与促進のあり方

経済開発協力機構

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

脱炭素に向けた都市の挑戦:アジア都市における低炭素実行計画策定状況

国立環境研究所(NIES)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

ブルーカーボン-最新の科学知見と政策

笹川平和財団海洋政策研究所、世界海洋フォーラム 他

  • 技術革新

産業のクリーン転換

国際エネルギー機関(IEA)