本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

豊かな社会を目指すスマートで環境に優しい交通とは - 全ての人の生活の質の向上と地球環境維持を目指す低炭素化 -

配布資料

主催者

  • 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団

イベント概要

21世紀に入り、今では新興国や途上国が主なCO2排出国となってきました。しかし、中国やタイなどの国では、およそ10年後に人口減少が始まり、高齢化の問題に直面します。したがって交通に求められるのは、人に優しいシステムであると同時に交通需要の増大に対応することです。
今やAI、ICT、IoTの技術革新は年々進んでいます。若い世代や働く世代だけでなく、高齢者や障害者の方々にも、低炭素と快適性を実現するために、これらのイノベーションを導入する時期にきています。
本セミナーは、このような新しいトレンドに注目しています。

登壇者

  • 林 良嗣 中部大学総合工学研究所教授 / 世界交通学会(WCTRS)会長 / ローマクラブ フルメンバー
  • Holgar Dalkmann The Partnership on Sustainable, Low Carbon Transport (SLoCat) Chair
  • 調整中 International Transport Forum (ITF)
  • 圓山 博嗣 公益財団法人交通エコロジー モビリティ財団 交通環境対策部長

2018.12.07のタイムテーブル

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • ライフスタイル変革

豊かな社会を目指すスマートで環境に優しい交通とは - 全ての人の生活の質の向上と地球環境維持を目指す低炭素化 -

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団

  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来
  • 適応

効果的な適応行動:ドナーによる民間セクターの関与促進のあり方

経済開発協力機構

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

脱炭素に向けた都市の挑戦:アジア都市における低炭素実行計画策定状況

国立環境研究所(NIES)

  • 技術革新
  • 国際協力の今と未来

ブルーカーボン-最新の科学知見と政策

笹川平和財団海洋政策研究所、世界海洋フォーラム 他

  • 技術革新

産業のクリーン転換

国際エネルギー機関(IEA)