本文へジャンプする

文字サイズ

English

  • 国際協力の今と未来
  • 適応

適応に関する3つのグローバル枠組(パリ協定、SDGs、仙台防災枠組)の協調的努力に向けた検討

配布資料

主催者

  • 一般社団法人海外環境協力センター(OECC)

イベント概要

パリ協定の実施に向けて、気候変動への適応に関する各国の関心が高まってきている。特に2015年にはパリ協定だけでなく、持続可能な開発目標(SDGs)や仙台防災枠組が採択され、実施に向けた検討が進んでいる。このような世界的なニーズを背景に、日本環境省は気候変動適応、SDGs、仙台防災枠組の理解と取組に向けたリンケージを検討するため、気候変動枠組条約(UNFCCC)との共催により「適応委員会(AC)専門家会合(適応目標及び指標と持続可能な開発目標(SDGs)・仙台防災枠組との関係)」を2018年7月に開催した。更に日本環境省は適応を気候変動の重要なイニシアティブとして位置づけ、「アジア太平洋適応情報プラットフォーム(AP-PLAT)」からの情報提供、二国間支援ほか、各国のニーズに即した支援に力を入れている。
本イベントにおいては、上記会合で得られた適応専門家からのインプットを基に3つのグローバル枠組の理解を深めると共に、国家、地方、更に民間の立場からアジェンダの協調性について、分析、協議を実施する。

登壇者

  • アネット モナー (TBD) UNFCCC事務局 適応委員会 チームリーダー
  • TBC 日本環境省 適応専門家
  • TBC OECD 適応専門家
  • TBC 民間セクター 適応専門家
  • TBC 各国代表者 適応専門家
  • 竹本 和彦(モデレーター) 海外環境協力センター 理事長

2018.12.04のタイムテーブル

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来

エネルギープロジェクトのスケールアップにより加速するNDC実施

一般社団法人海外環境協力センター(OECC)

  • 国際協力の今と未来
  • 適応

適応に関する3つのグローバル枠組(パリ協定、SDGs、仙台防災枠組)の協調的努力に向けた検討

一般社団法人海外環境協力センター(OECC)

  • 技術革新
  • ビジネス変革
  • 国際協力の今と未来

気候変動ファイナンスを活用した案件組成に向けた政府機関ならびに民間企業のアプローチ(仮)

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社